「2018年1月」の記事一覧

【図書紹介】「聖書を正しく読むために〔総論〕」:聖書解釈学の入門書

139PV

その他
ゴードン・D・フィー、ダグラス・スチュワート『聖書を正しく読むために〔総論〕』(いのちのことば社,2014)

本書は、私たちが聖書を読むときに、正しい聖書解釈がいかに大切であるかを述べた聖書解釈学の入門書です。聖書は、書いてある文字通りに意味を捉えるだけでは誤った解釈を免れません。聖書が書かれた時代と場所、文化をよく理解した上で意味を解釈する必要があります。

【推薦図書】佐藤学『授業を変える学校が変わる』:小学校の実践から学ぶ

150PV

教育
佐藤学『授業を変える 学校が変わる』(小学館,2000年)

教育学者の佐藤学氏が取りまとめた授業実践の記録です。おもに小学校での実践を取り上げていますが、いくつか中学校での実践例も含まれます。準備したコンテンツを終わらせることよりも、授業時間に子供たちと意思の疎通ができることが重要である、と本書は言います。

【推薦図書】わかりやすい宇宙論の本:竹内薫『宇宙フラクタル構造の謎』

225PV

科学
竹内薫『宇宙フラクタル構造の謎』(徳間書店,1994)

物理学者によると、宇宙は10次元でできているそうです。そのうちの9次元は空間の次元のことで、これに「時間」というもう1つの次元が加わります。私たちが普段感じている次元は、3次元空間+時間、つまり4次元ですよね。残りの6次元は一体どこに行ったのでしょうか。

ページの先頭へ