「資産となるブログ」は、アクセスの集まるブログだ。

前回までの記事に従って作業をした人は、少額でも収益化に成功していると思う。

例えば、1日あたりの閲覧数が200PV(ページビュー)で200円の収益、など。

 

1日あたり200円の収益だと、1ヶ月では6,000円ほど。

これでは生活できず、ビジネスとは言えない。

しかし、10倍したらどうか。

  • 1日あたりの閲覧数200PV→2,000PV
  • 1日あたりの収益200円→2,000円
  • 1ヶ月あたりの収益6,000円→60,000円

 

これだと、1ヶ月あたりの収益は60,000円。

月6万円だと少しビジネスらしくなってくる。

サイトが2つあれば月12万円だ。

つまり、少額でも収益化ができていれば、あとは閲覧数(=アクセス数)を増やすことで収益を拡大することができる。

ならばアクセスを集めればいい。

あとはやるだけ状態。

 

では、どうやってアクセスを集めれば良いか。

ぼくが唯一正しいと思っているアクセスを集める方法は、「広告+リピートされる記事」だ。

順番に説明する。

 

まず「広告」とは「リスティング広告」のことで、検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告を言う。

具体的には「Google広告」「Yahoo!プロモーション広告」「Facebook広告」などだ。

なお、Facebook広告はユーザー属性に合わせて表示されるディスプレイ広告だが、広い意味でリスティング広告に含まれる。

 

広告を使うということは、「アクセスをお金で買う」ということだ。

リスティング広告をクリックすると自社サイト(自社ブログ)が開くようになっていて、クリックごとに課金される仕組み。

1クリック(=1アクセス)ごとにいくら課金されるかは業種や広告の出来栄えによるが、一般に20円〜150円程度である。

クリック課金型広告、PPC(ペイ・パー・クリック)広告とも言う。

 

「アクセスはお金で買う」。

これが一つ目の重要なこと。

 

そしてもう一つ。

「リピートされる記事を書く」ということ。

実は、いくらたくさんのアクセスをお金で買ってきても、リピートされなければ赤字経営になる可能性が非常に高い。

「可能性が高い」と言うか、「レベル1」のブログでは収益源がGoogleアドセンスだけなので、確実に赤字になる。

自分のサイトで他社の広告を表示し、それをクリックさせることで収益をあげているのに、自分も広告を出してそのアクセスを買ってきているとしたら、赤字になるのは当たり前だ。

 

でも、あなたがリピートされる記事を書いているなら、この投資は無駄ではない。

最初は赤字になるが、アクセスを多く集めたことであなたのサイトは有名になる。

そうすると、検索エンジンでも上位表示されやすくなるので、広告をやめてもアクセスはある程度高いレベルで維持される。

そして、一度訪問したお客様がリピートしてくれるなら、広告をやめてもアクセスは伸び続ける。

なぜなら、そのリピートするお客様が、他のお客様も連れてきてくれるから。

いわゆる口コミだ。

こうなると、アクセスは雪だるま式に増え、初期の赤字はあっという間に取り返せるのである。

 

しかし、あなたの記事がリピートされるほど魅力的でなければどうなるか。

広告をやめれば、徐々にアクセスは落ち始める。

一度訪問したお客様が次から来ないならば、アクセスは検索エンジンと広告による新規訪問客のみ。

だからいつまでたっても広告をやめることが出来ない。

そして、かけた広告費以上にアクセスが伸びないのだから、初期の赤字はずっと続くことになる。

 

「リピートされる記事を書くこと」の大切さがイメージ出来ただろうか。

ごく簡単にまとめると、リピートされるならば、かけた広告費以上の収益が見込めるということだ。

 

したがって、「広告」がアクセスを集める有効な手段となるのは、あなたのブログがリピートされるだけの高いクオリティを持っているときだけなのである。

そうでなければ(=リピートされるブログでないなら)、Googleアドセンスなどではなく、もっと単価の高い商品を売って1アクセスあたりの収益をあげなくてはならない。

これは、たった一回訪問してくれたお客様に、一回のセールスで高価なモノを買ってもらうと言うかなり高度な技。

上級者のコーピーライティングスキルが必要となるため、最初からは難しい。

 

まずはリピートされる記事を書くように心がけること。

ファンが付くことで、アクセスはどんどん伸びる。

リピートされることがわかれば、広告費をかけてアクセスを増やし、収益を拡大する。

こういうイメージだ。

 

冒頭で述べたとおり、ぼくは「広告+リピートされる記事」がアクセスを集める唯一の正しい方法だと考えている。

 

ネット上では、アクセスを集める方法として様々なテクニックが語られているが、軒並みGoogleのペナルティ対象となる可能性があるか、あなたのブログの品質を落とすことになる方法ばかりだ。

反面教師として参考にしてほしいのだが、例えば以下のようなテクニックがある。

  • ランキングサイトに参加する。
  • サテライトサイト(小さな別サイト)を作って自作自演の被リンクを増やす。
  • 自作自演の口コミサイトを作り、自分のブログを宣伝する。
  • (ブログで自社商品を売っている場合)自作自演の商品レビューをする。
  • Yahoo!知恵袋などで悩みに答えつつ、自分のサイトを「他人のふりをして」紹介する。
  • ブログユーザーのSNSに参加してコミュニケーションをとり、相互リンクを増やす。

 

これらの方法は、決して効果がない訳ではない。

一昔前に比べるとかなり規制は厳しくなったが、それでもアクセスの増やし方としてまだまだ十分に機能している方法である。

 

にも関わらずぼくがこれらをやらない理由は、ペナルティを受けるか受けないかのグレーゾーンに足を踏み入れて、わざわざ無駄なリスクを犯すようなことはしたくないから。

自作自演はほぼブラック(発覚したら一発でアウト)だが、グレーな「相互リンク」も、将来的に全面的な規制を受ける可能性が高い。

 

ペナルティを受ければGoogleからの評価は急激に落ち、検索画面の3ページ目以降に落とされてしまう。

これはインターネットの世界から追放されるに等しい。

しかも、一度落ちたサイトの評価を再び上げることは、ほぼ不可能。

一度のペナルティでそのサイトの資産価値はなくなってしまうのだ。

 

こんなリスクは、とてもじゃないけど恐ろしくて負えない。

インターネットの世界は、現実の世界以上に誠実さが要求されるということ。

 

そして、それで良いと思っている。

これはビジネスだ。

お客様に誠実に接し、その結果モノが売れるというのがあるべき姿。

どんな形であれお客様を誤魔化すような売り方をすれば、結局はそのビジネスは長続きしない。

ぼくが客なら「バカにしているのか」と思ってしまう。

 

誤魔化すような人は信用できない。

信用できない人からモノを買うことはない。

これが普通だ。

 

アクセスを増やす策を講じる時には、くれぐれも上記のリスクと「信用の問題」を頭に置いてほしいと思う。

繰り返すが、ぼくが考える唯一正しいアクセスの増やし方は、「広告+リピートされる記事」だ。

 

今回の内容をまとめると以下の通り。

  1. 小さくても収益が上がる構造ができたら、あとはアクセスを増やすだけ。
  2. アクセスを増やす方法として渡邉が唯一正しいと考えるのは、「広告+リピートされる記事」。
  3. Googleからペナルティを受けるリスクは避けるのが賢明だし、起業家のモラルとして誠実にお客様に接するべき。

 


<ここまでの流れ>

【第1部】

  1. (必要な人のみ)自己アフィリエイトで教材購入のための資金を準備する。
  2. メインとなる教材をひとつ選び、ビジネスの勉強を始める。
  3. ビジネスの勉強と同時進行で、読書とブログ作成を始める。
  4. ブログ作成①:サーバー契約、独自ドメイン取得、WordPressインストール、テンプレート選び。
  5. ブログ作成②:すでに自分がよく知っている分野をテーマにし、体験談を語るように記事を書いていく。

 

【第2部】※この先は余裕がある人だけやる。まずはビジネスの勉強を優先。

  1. リピートされる記事を書くように意識し、リピーターが増えてきたらお金をかけてアクセスを集める(Web広告を利用)。

次回は効果的なGoogleアドセンスの掲載方法についてご紹介する。