この記事をシェアする

インターネットビジネスでよく耳にするASPという言葉。

ASPは、アフィリエイト・サービス・プロバイダー(Affiliate service provider)の略です。

アフィリエイト、つまり「提携」に関するサービスを提供しています。

 

個人事業主やスタートアップ企業がインターネットビジネスを展開する場合、自社で商品を開発せずにすでに存在している商品を積極的に売るという方法がよくとられます。

自社で製品を作らないので、売れ残った時の生産コストの赤字を心配する必要がなく、また、在庫を保持するリスクも避けられます。

このような形態のビジネスは商品紹介業として立派に成り立ちますので、最近は多くの若手起業家がこの手法で成功しています(例えばこちらのブログ)。

 

さて、ASPは、商品紹介業を展開したいビジネスオーナー向けに、生産者との提携を仲介するサービスです。

ASPに登録すれば、そのASPで扱っている様々な商品を紹介するための、登録者に固有の商品リンクが発行されます。

この商品リンクを自社のウェブページや個人ブログに貼り付けることで、商品紹介業をスタートすることができます。

その商品リンクを経由して商品が購入された場合、購入金額はASPの収入となりますが、購入金額の一部が紹介料(報酬)として紹介者に支払われます。

このようなしくみで、インターネットビジネスが成り立っているんですね。

 

ですので、このような商品紹介業の形態でビジネスを始めたい人は、まずASPに登録して、自分の販売したい商品を探すことから始めます。

ASPによって扱っている商品や報酬率(販売価格に対する紹介料の割合)が異なりますので、いくつか登録しておいて、状況にあわせて使い分けるのが良いでしょう。

 

まず、情報商材ASPで有名なのは、何と言ってもinfotopです。

業界ダントツで、良い情報商材はみなここに集まります。

情報商材とは、電子書籍のようにダウンロードして購入する商品のことで、通常の物品販売に比べ報酬率が大きいのが特徴です。

モノではなく、ノウハウや情報を売る、というイメージですね。

 

一方、物販ASPで有名なのは、A8.net楽天アフィリエイトです。

(※注:楽天アフィリエイトは、上記リンクのフッターメニュー「ソーシャルサービス」の「楽天アフィリエイト」から登録できます。)

どちらも商品数が多く、2つを併用すればほとんどどんな商品でも見つかります。

ASP選びの参考にしてください。

 

この記事をシェアする