これからの世界を担っていく大学生のあなたに、“夢”を持って自分自身の人生を思いっきり生きてほしい。

これがぼくの信念です。

 

はじめまして、渡邉克晃(わたなべかつあき)と言います。

このブログを訪れてくれてありがとう。

 

初めに少しだけ自己紹介をしますと、ぼくは広島大学を卒業してから博士課程に進み、27歳で博士号を取得しました。

そして、国立の研究所で3年間、東京大学の研究室で4年間、それぞれ研究員として地球科学の研究に従事した後、中央省庁の国家公務員になりました。

こんな経歴を書くともしかしたら自慢に聞こえるかもしれませんが、ぼくのこれまでの人生は決して順風満帆ではありませんでした。

国家公務員という安定したポジションを手に入れた後、たった2年で辞めてしまったからです。

 

家族もいましたし、子どもが生まれた直後でもありました。

人生をすり減らしながらがんばった仕事。

でも、辞めることを選んだ。

決してかっこいいことはなくて、辞めることを選ばざるを得ないくらい、追い詰められていたんですね。

本当に辛い時期を過ごしました。

 

でも、この経験が、本当に大切なことをぼくに教えてくれました。

何が人の幸せで、何が最高の人生なのか。

その内容を詳しくお伝えするために作ったのが、冒頭でご紹介した講義音声とPPTです。

 

大学生のあなたへ

さて、大学での生活はいかがですか?

高校時代に想像していたキャンパスライフとは、もしかしたらギャップがあるかもしれませんね。

学校の勉強や就職活動の中で、いろんな思いがあると思います。

特に、将来への漠然とした不安・・・。

 

こんな悩み、一度くらいは持ったことがあるんじゃないでしょうか?

  • 大学の勉強って役に立つの?
  • 大学の勉強が無意味に思える・・・。
  • 大学院に進むべき?
  • 就職活動しなくちゃいけないのに、気が重い・・・。
  • 何となくダラダラしてしまう。
  • つい周りに流されてしまう。
  • 受験に失敗してモチベーションが上がらない。
  • どの業界が将来有望なの?
  • 夢も大事だけど、お金も大事・・・。
  • AIに仕事を奪われるかもしれない。
  • 奨学金の返済が大変そう・・・。
  • 未来が見えない。
  • やりたいことなんてない。でも決めなくてはならない・・・。
  • 自分が何に向いているのかわからない。
  • 自分には何の才能もない気がする・・・。
  • 好きなことあるけど、実際の仕事に繋げられない。

 

多くの大学生は、学校の勉強や就職活動に取り組みながらも、このように将来への漠然とした不安の中で過ごしているんじゃないでしょうか。

ぼく自身、学生時代にたくさん悩みました。

自分で言うのも何ですが、まじめな人ほど、悩むんです。

 

いろんなことをやってみましたが、いつも「これじゃない」という気持ちがありました。

その迷いは大学卒業後も尾を引き、三度も職を変えることになりました。

 

でも今、ぼくは自分の人生に、自信をもって「満足している」と言えるんです。

そうなるまで、いろんなものを捨てたり、落ち込んだり、悩んだりしてきました。

 

あなたの幸せの定義は何ですか?

人の幸せには、いろんな定義があるでしょう。

何をもって幸せとするかは人それぞれですが、「自分の人生に満足している」というのは、多くの人が同意できる幸せの形ではないでしょうか。

ぼくは、その定義で言うなら、いわゆる「勝ち組」です。

 

もしかしたら、社会的な勝ち組とは言えないかもしれません。

ですが、大切なのは「幸せの勝ち組」になることです。

残念ながら、それがいかに難しいことか・・・。

 

現実はぼくらを「社会的な勝ち組」へと追い立て、気づいた時には幸せからほど遠いところで立ちすくみます。

さまよった時間はもう戻りません。

 

もしあなたが、今の人生に十分満足しているなら・・・

それは本当に素晴らしいことです。

ぼくからお伝えできることは何もありません。

 

「夢くらいあるさ、バカにするな。」

「今のままで十分幸せに生きている。」

「毎日充実していて、時間が経つのが早い。」

それならぜひ、今の人生を続けてください。

 

でももし、あなたがこんな風に思っているなら・・・

  • 今の人生に満足していない。
  • もっと何かできるはず。
  • 本当にやりたいことを見つけたい。
  • 一生をかけるに値する、価値あることに打ち込みたい。
  • 夢に向かって思いっきりがんばりたい。
  • 思う存分自分の才能を発揮したい。
  • 自分の得意なことで周りの人を幸せにしたい。
  • もっと社会に貢献したい。
  • 世界を変えるような、インパクトのある仕事がしたい。
  • 充実感が欲しい。
  • 十分なお金を稼ぎたい。
  • 周りに束縛されずに、好きなことに打ち込みたい。
  • 広い世界で活躍したい。
  • 自分の才能が認められて、有名になりたい。
  • 自分らしく生きたい。

 

あなたがもしこのように思っているなら、ぼくの伝える話はきっとあなたの役に立ちます。

もし、大学生の間に自分の本当にやりたいことが見つかって、それに向かって思う存分自分の才能を発揮して取り組めたら。

そして、あなたの才能が周りの人を幸せにし、社会にも貢献できるとしたら。

それって、素晴らしいと思いませんか?

 

そこには仕事への充実感があって、なおかつ経済的にも不安がない。

周りに束縛されることなく、時間と空間を自由に使って自分の好きな仕事をし、自分自身の人生を歩んで行く、そんな未来。

 

これは、単なる理想の世界ではなく、誰にでも実現可能なことです。

特別な、一握りの人だけができるような難しいことでもありません。

それはただ、「知っているか知らないか」の違いだけです。

 

ぼくがこのブログを書き、講義音声やPPTを作っているのは、単純に知ってほしいからです。

ぼくが知っていることを一人でも多くの人に伝えて、「夢を持って自分自身の人生を生きる」ようになってほしいのです。

 

知った人は変わります。

知らなければそのままです。

 

そして、必要なことを知るのは、早ければ早いほどいいのです。

40歳や50歳になってから知ったのでは、あまりにももったいない。

若い大学生の時に、ぜひ知ってほしい。

 

自分の人生を思いっきり生きてほしい

このブログに来てくれたあなたへ、ぼくからのメッセージです。

 

自分の人生を生きてください。

自分の人生を自ら切り開いて、あなたが心から納得できる道を歩んでください。

決して他人の人生を生きないでください。

 

仕事に生きがいを感じられるように、最高の仕事を選び取ってください。

自分の才能が存分に活かされる喜びに、毎日わくわくしてください。

そこには何にも代えがたい充実感があります。

 

経済的にも、豊かになってください。

健康に気を遣い、家族や親しい友人を大切にしてください。

これが、人の幸せだと思うのです。

時間にも空間にも束縛されず、あなたの人生を、思う存分生きてください。

 

もしかしたら、あなたはまだ、「そんなの夢物語だ」と思っているかもしれません。

渡邉が言っているのは「理想の生き方」であって、現実にはそんなのありえない、と。

 

でも、そう言わずに聞いてほしい。

繰り返しになるけど、ぼくはこのブログで、ここに述べたような生き方が実際にできるということを、あなたに伝えたいのです。

その最初の一歩として、大学生のあなたに知ってほしい5つの話を、講義音声とPPTにまとめました。

 

人生が動き出す5つの話

  1. 自分の人生を自ら切り開いていく人のマインドとは?:主体的な人と反応的な人
  2. 重要ではないことに時間を奪われてはならない:行動を導くミッションステートメント
  3. 「一生の仕事」なんて見つからなくて当たり前:最高の職業に出会う方法
  4. 学歴が高い人ほど将来の経済的状況は苦しくなる?:外してはいけないお金の話
  5. 自分自身の人生を生きるためのビジネス力:大学生が起業する世界

 

最も重要なエッセンスだけをまとめたのですが、それでも5章分になりました。

全部で2時間半くらいです。

 

そして、この講義には期間限定特典として、次の2つが付いてきます。

  • 小冊子『自己投資のための最初の資金づくり』をプレゼント
  • 「好き」を仕事にできる経営セミナーへご招待

なぜこれら2つの特典を付けたかというと・・・。

 

講義の内容はあくまでも知識ベースで、考え方を身に付けるものです。

ぼくは、知識だけ伝えて「あとは知らない」にはしたくありません。

あなたが必要な知識を得た後、実際に行動できるようにサポートしたいのです。

これら2つの特典は、そのためのものです。

講義を聴いた後、2つの期間限定特典に従って行動すれば、あなたは変わることができます。

 

ぼくは散々迷いながらここまで来ましたが、あなたが同じ苦労をする必要はありません。

新しい時代の人間は、先人の知恵をうまく利用して早く成長すべきです。

そして、新しい時代を担う人間であるあなたは、あなた自身の使命を果たさなくてはなりません。

さらなる次の世代のために。

 

だから、ぼくの知ってることは何でも伝えるので、迷わず最短ルートでここ(ぼくのいるところ)まで来てください。

あなたの本当の人生は、その後にあります。

ぼくにできないことを、あなたがやってください。

 

5つの話を聴くメリット

この講義を聴くことで、あなたにこんなメリットがあります。

  • 心から満足できる人生を歩むことができます。
  • 本当にやりたいことが見つかります。
  • 一生をかけるに値する、真に価値あることに精一杯打ち込めるようになります。
  • 夢に向かって思いっきりがんばることができます。
  • 思う存分自分の才能を発揮できます。
  • 自分の得意なことで周りの人を幸せにできます。
  • 多くの価値を生み出し、社会に貢献できます。
  • あなたの夢と仕事が、世界にインパクトを与えるようになります。
  • 充実した毎日になります。
  • 好きなことで十分なお金を稼ぐことができ、経済的にも安定します。
  • 周りに束縛されずに、好きなことに打ち込むことができます。
  • 活躍するフィールドがどんどん広がっていきます。
  • 自分の才能が認められて、国内外で有名になります。
  • 自分らしく生きることができます。
  • 自己投資のための資金を準備することができ、スムーズに行動を始められます。
  • 好きなこと・得意なことを仕事にできる具体的方法を学べます。
  • これらのことを、迷わず最短ルートで実現できます。

 

興味を持ってくれたら、下記の登録フォームから講義音声とPPTを受け取ってください。

 

 

この動画を観て、あなたの人生が力強く動き出すことを願っています。

 

★講義音声を聴いた大学生からのお便り★

動画観させてもらいました。無料とは思えない貴重な内容ですね。就職活動中だったのですが、渡邉さんの講義を聴いて、もう一度自分のやりたいことを真剣に考えてみようと思いました。なんだか周りに流されてしまって・・・自分を見失っていたみたいです。動画を何度も見直して、自分自身の人生を選びとって生きていけるようになりたいです。きっかけをくださってありがとうございます。また結果を報告します!

東京都 H.I.さん(大学3年生)

 

渡邉さん、はじめまして。●●と言います。私は美術系の大学(専攻は彫塑)に通っていて、まだ1年生ですが、これからどう生きていこうか迷っています。というのは、美術を仕事にして食べていくのは本当に難しいと言われるからです。私は高校の時に本当に悩んだ結果、やっぱり一番やりたい美術系の大学に進学することに決めました。だから、美術を仕事にしたい。独立とか、自分には無理だろうなって思ってしまうけど、やっぱり諦めたくないなとも思います。こうやって悩んでるのが嫌で、自分から逃げていました。渡邉さんの話を聞いて、好きなことを仕事にできるかどうかは自分自身の行動次第だと気づきました。自分で自分をプロデュースするくらいの気持ちで思いっきりやってみます!・・・ひそかに、渡邉さんがプロデューサーになってくれたらとか思うけど^^ がんばりま〜す。

広島県 M.I.さん(大学1年生)

 

●●大学2年の●●です。講義音声ありがとうございました。「ネガティブな反応は自分自身の選択の結果だ」と言われて、ハッとしました。なんだか自分のことを言い当てられたようで、なんでわかるんだろう、って感じでした。僕は、いつもネガティブな考えを持ってしまいます。表面的には穏やかに接しようとするんですけど、友達にも心を開くことはありません。これって、「自分は正しくて、悪いのはあいつだ」って思ってるからですよね。憎んだり、恨んだり、根に持ったり。相手のせいかもしれないけど、僕がこういうネガティブな感情を持つのは、僕がそうしたかったからなんですよね。うまく言えないんですが、何となくわかりました。相手が悪いかもしれない。でも、ネガティブな感情を持たないという選択もできたはず。これって、実はすごいことだと思うんです。僕が、本当はネガティブな感情から自由ってことだから。目から鱗です。続きの講義も聞いてみます。

神奈川県 N.K.くん(大学2年生)

 

★Q&Aコーナー★

Q:なぜ講義音声を無料で配っているんですか?

A:元々は無料で配る予定はなかったんですが、より多くの大学生に聴いてもらいたいと思って無料にしました。僕は、日本の大学生が夢を持って走りはじめたら、本当に日本が変わると信じています。そのために、たくさんの人にこの音声を聴いて欲しいと思っています。それともう1つ、ちょっと野心的な理由もあります。この話を聴いて「自分の夢を実現したい!」とがんばる人が出てきたら、積極的に応援して、将来的に一緒にビジネスをできればいいな考えています。一緒に将来の日本を作っていくビジネスパートナーです。ワクワクしますよね!僕一人でできることには限界があるから、パートナーが欲しいんです。そのための下準備として、無料で音声を配っています。

Q:夢を持つことって、そんなに大切なんですか?

A:夢を持たなくても生きていけますが、夢がある方が断然楽しいです。世の中には、「夢なんて持たなくてもいい」とか「夢がないのが普通なのに、無理に夢を持たせようとするな」みたいに言う人がいます。いわゆる「専門家」と言われる方々です。確かに、夢を持てない人の方が多いですし、ある意味、日本ではそれが普通だと思います。ですが、これを普通だと思って欲しくありません。例えば東南アジアの国々に行って、粗末な学校で学ぶ子どもたちを見てください。目を輝かせて、将来への夢と希望に溢れています。ぼくらの方が圧倒的に恵まれた環境にいるのに、彼らは夢を持っているんです。そして、そういう子どもたちは強い。どんどん学んで、世界に飛び出し、やがて自分の国や世界を豊かにするでしょう。ぼくは、日本の若者にもこういう風になってほしいと思うんです。もう一度、夢を抱く国になってほしい。そうすれば、この日本が希望に満ちた明るい国に変わり、世界にもっと良い影響を与える国になると思うんです。だから、夢は必要だと思っています。

Q:日本の若者に向けて書かれていますが、渡邉さんも「若者」ではないのですか?

A:1980年生まれです。大学生と比べればだいぶ年齢が上なんですが、自分自身もこれからの日本を担っていく世代だと思っています。ここに書いていることは、自分へのメッセージでもあります。ぼくもがんばります。一緒にがんばりましょう!

Q:講義音声やメルマガは無料でも、そのあとにお金がかかるのではないですか?

A:今後コンテンツを有料化する可能性はありますが、現在のところお金はかかりません。もしかかるとしても、ぼくからの強制力は全くありませんので、自由意志で購入しないようにしていただければと思います。ただ、有用だと思う書籍やオンライン講座を紹介することはありますので、その点はご了承ください。

 

最後に・・・

ぼくは、自分が夢を持って生きられるようになって、本当によかったと思っています。

以前のぼくは、自分を偽って、ごまかして、夢でないものを夢であるかのように錯覚して生きてきました。

でもぼくは、自分をすり減らす人生をやめました。

 

あなたもこの講義音声を聴き、2つの期間限定特典を受け取って、あなた自身の人生を思いっきり楽しんでください。

行動するときは、今です。

 

ページの先頭へ