この記事をシェアする

広告収入を得るならAdSense

AdSense & AdWords Logo

Google AdSenseとGoogle AdWords。

どちらもGoogleが提供する広告掲載のプログラムです。

 

2つの違いを簡単に言うと、

  • 他人の広告で収入を得るならAdSense
  • 自分の広告を出したいならAdWords

 

これから自分のブログやウェブサイトを立ち上げてアフィリエイト収入を得ようとしている人は、Google AdSenseへの登録が必要です。

AdWordsの方は広告収入を得るプログラムではなく、自分の広告を他の人のサイトに表示してもらい、集客等を行うプログラムです。

なお、Google AdSenseは新規登録者への審査が厳しくなっていて、すんなりと登録ができるとは限りません。

もし審査に不合格になった場合、ブログやウェブサイトをさらに充実させて再度登録申請をすることになります。

再申請に関してはこちらの記事も参考になります。

 

ちなみに「Ad」とは広告のことです。

「Advertisement」を短縮した形ですが、口語ではほとんどの場合「Ad」が使われています。

自分の広告を出したいならAdWords

一方、次のような人にはGoogle AdWordsが役立ちます。

  • 自分のウェブサイトから実店舗へお客さんを誘導したい。
  • 自分のウェブサイトから電話やメールで問い合わせをさせたい。
  • 自分のウェブサイトから商品を購入してもらいたい。

 

つまり、自分で「売るもの」を持っている人には、AdWordsはとても有用です。

AdWordsを使って広告を打つことで、集客数や売り上げを増加させることができます。

 

以上、簡単ですがGoogle AdSenseとAdWordsの違いを紹介しました。

 

この記事をシェアする