この記事をシェアする

出品者アカウントにサインインできない

amazon出品サービス利用時の不具合の1つとして、サインインしようとすると以下の画面が表示されて先に進めなくなることがあります。

マーチャントにアクセスすることはできません:amazon出品サービス

画面には以下のように表示されています。

amazon seller central
状態
現在選択されているマーチャントとマーケットプレイスのステータス

無認可
**************はマーチャント「」にアクセスすることはできません。

 

「**************」の部分には、アルファベットと数字からなる14の文字列が表示されています。

 

さて、この画面で言っていることは、サインインしたアカウントに関して「マーチャントとマーケットプレイスのステータス」が「無認可」であり、一切のアクセスができないということです。

 

これは、出品用アカウントを作成しながら長期間にわたってそのアカウントを使用していなかった場合に、amazonが強制的にアカウントを停止してしまうために起こる現象です。

amazonサービスセンターの説明によると、長期間使用されていないアカウントの中にはシステムの脅威になり得るものがあるため、過去のある時期に、長期間使用されていないアカウントの強制的な停止措置を大々的に実施したそうです。

 

なお、amazonで買い物をする場合にもサインインしますが、買い物用のアカウントと出品用アカウントは別のものです。

たとえ同じメールアドレス、同じ氏名を使って両方のアカウントを作成していても、別のアカウントとして扱われます(ただし、裏ではひも付けられているそうですが)。

 

ですので、継続的に買い物をしていたとしても、出品用アカウントでamazon seller central(amazon出品サービスのサイト)にサインインしていなければ、出品用アカウントは使用されていないことになります。

解決策

このようになってしまった場合、別のメールアドレスで新規に出品用アカウントを作成するしかありません。

amazonサービスセンターに問い合わせてみても、上記の説明をされるだけで停止措置は解除してもらえません。

結局、「再度アカウントを作成してサインインするように」と説明されます。

 

多くの人はgmail、Yahoo!メールなど複数のメールアドレスを持っていると思いますので、amazon出品用に新しくメールアドレスを持たなくても、既存のものを使いまわせばよいと思います。

一度ログアウトしてから、別のメールアドレスを使ってamazon seller centralに新規でサインインし、アカウントを作成してください。

個人出品者はサプリメント等の販売不可

錠剤サプリメントのイメージ

余談ですが、amazonマーケットプレイスの個人出品者(小口出品者)は、特定の商品の販売について制限がかけられています。

マーケットプレイスを使えばなんでも気軽に出品できると思いがちですが、自分が売ろうとしている商品が出品制限の対象になっていないかどうか、注意が必要です。

せっかく出品用アカウントを作成しても、売ろうとしている商品が出品制限の対象になっている場合、売ることはできません。

 

よくあるケースが、サプリメントの販売です。

大量に買ったけど結局飲まなかったサプリメント……。

元値が高いので捨てるに捨てられず、マーケットプレイスで出品しようかと考えます。

ですが、サプリメントを販売するには「amazonドラッグストア」への登録が別途必要になります。

サプリメントは栄養補助食品であり薬ではないのですが、amazonマーケットプレイスでの出品の際には、ドラッグストアのカテゴリーで扱われます。

amazonドラッグストアで商品の販売ができるのは小売店やメーカーだけであり、個人出品者には販売する資格がありません。

もしamazonドラッグストアに出品したい場合、事業者登録の証明などをamazon側に提出した上で、個人出品者ではなく有償のプロマーチャント(大口出品者)や出店型出品者として出品する必要があります。

 

こうなってくると、気軽に1箱2箱売ろうと考えていた個人出品者にとっては敷居が高すぎて、ほぼ出品は不可能です。

ですので、売ろうとしている商品が制限対象になっていないかどうか、事前に調べておくことをお勧めします。

以下に簡単にまとめておきますので、参考にしてください。

出品制限の対象となるカテゴリー

出品許可が必要で、個人出品者が出品できないカテゴリーは以下の通りです。

  • 時計
  • ドラッグストア(ヘルス&ビューティー)
  • アパレル
  • シューズ
  • バッグ
  • コスメ
  • ジュエリー
  • 食品&飲料
  • ペット用品
  • オリジナル商品

個人出品者が出品できるカテゴリー

個人出品者が出品できるカテゴリーは以下の通りです(2017年9月現在)。

  • 書籍
  • 文房具
  • オフィス用品
  • ミュージック
  • ホーム&キッチン
  • ビデオ
  • DIY・工具
  • 車用品
  • DVD
  • おもちゃ&ホビー
  • PCソフト
  • スポーツ&アウトドア
  • TVゲーム
  • ベビー&マタニティ
  • エレクトロニクス
  • 楽器

 

以上です。詳しくはamazon出品サービスWebサイトの「大口出品と小口出品の違い」をご参照ください。

 

この記事をシェアする