この記事をシェアする

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックで使う骨格模型

整体、接骨院、鍼灸院、マッサージなど、体の調子を整えるための施術院にはいろいろなものがあります。

カイロプラクティックもその類のものですが、名前がカタカナ言葉なので、何をやるところかいまいちピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

まずはカイロプラクティックとはどういうものかについて、簡単に説明したいと思います。

 

カイロプラクティックの効果についてはこちらの記事も参考になります。

 

カイロプラクティック(Chiropractic)とは、手技を中心とした骨格矯正による全身の健康状態の改善を目指す行為を言います。

発祥は19世紀末のアメリカ合衆国で、WHO(世界保健機関)では補完・代替医療に位置付けられています。

日本では医療行為として認められておらず、保険適用外の自由診療です。

 

マッサージや整体はおもに筋肉にアプローチしますが、カイロプラクティックはおもに骨にアプローチします。

また、カイロプラクティックの中身は次の3つで構成されており、手技(施術)だけに依らない点も特徴的です。

  1. 手技を中心とした骨格の矯正(診療院での施術)
  2. 自宅でできる骨格修復のための運動
  3. 栄養学的側面からの健康指導

手技を中心とした骨格の矯正(診療院での施術)

カイロプラクティックと聞くと、骨をボキボキ鳴らす施術をイメージする人が多いかもしれません。

骨格の矯正ですので一部は当たっていますが、私の経験ではボキボキ音を鳴らす施術はそんなに多くありません。

 

肩こりや腰痛などの体の不調は、骨格の歪みが原因で起きています。

ですので、筋肉をほぐしたり温めたりしても、根本的な原因である骨格の歪みが改善されないと、またすぐに再発してしまいます。

カイロプラクティックの診療院では、この骨格の歪みを矯正する施術が行われます。

 

診療院で矯正をしてもらうことにより、とりあえずは骨格の歪みはなくなります。

しかし、長年の悪い姿勢で体に染み付いてしまった「癖」は、なかなか素直に治ってくれません。

矯正しても、徐々に徐々に、また元の状態に戻ろうとします。

ですので、この矯正は1度や2度で済むものではなく、長期的に受け続ける必要があります。

 

とはいうものの、だんだんと良い状態を維持できる期間は長くなっていきますので、施術を受ける回数は時間とともに減っていきます。

また、後述する自宅での運動や栄養バランスの改善を行うことで、良い状態をさらに維持しやすくなります。

 

矯正を繰り返すことでなぜ悪い姿勢に戻りにくくなるかと言いますと、正しい姿勢でのインナーマッスルが育ってくるからです。

人間の姿勢は骨格で決まりますが、その骨格を支えているのは、骨の周りを覆っている筋肉(骨格筋)です。

そして、骨格筋の中で最も内側の部分、つまり骨に近い部分をインナーマッスルと呼んでいます。

 

長年にわたって悪い姿勢を続けた人のインナーマッスルは、悪い姿勢の骨格を支えるように発達しています。

ですので、矯正しても、インナーマッスルがまた元の悪い状態の骨格に戻そうとするのです。

 

矯正を続けていくと、正しい骨格の状態でのインナーマッスルが徐々に徐々に発達していきますので、良い姿勢を維持しやすくなるのです。

そしてこのインナーマッスルの発達には、1年から2年くらいの期間を要します。

自宅でできる骨格修復のための運動

カイロプラクティックでは、診療院での施術と同じくらい、自宅で行う矯正を大切にしています。

診療院での施術時間は多い人でも1週間あたり1時間程度ですが、それに比べて自宅で過ごす時間は圧倒的に長いからです。

 

自宅で行う運動は、骨格矯正用の硬めのまくらを使って行います。

おもに首から腰にかけてのS字カーブをつくる運動と、骨格をゆるめるための運動です。

骨格をゆるめると、自然の修復力で骨格の歪みが取れていきます。

 

また、寝るときには、背骨の自然なS字カーブを維持するまくらと、S字カーブを維持しつつ背骨を縦方向に引っ張る効果のあるマットレスの使用が推奨されています。

あとデスクワークの多い人には、椅子に座った時に腰への負荷が少なくなる椅子マットの使用も有効です。

 

いろいろ道具のことを書きましたが、まくらやマットレスなどカイロプラクティックで使用する道具については、お近くの診療院の先生に問い合わせるか、私に個人的にご連絡をいただければ詳細をお伝えしたり専門家を紹介したりさせていただきます。

医療用品に準じるものだと思いますので、この記事に商品リンクは貼っておりません。

やはり専門家の指導の下で正しく使うことが望ましいと思います。

栄養学的側面からの健康指導

また、カイロプラクティックには栄養学的なアプローチもあります。

中でも大切にされているのが、カルシウムの適切な補充です。

 

カルシウムは骨や歯の主成分としても重要ですが、ほかにも神経伝達の際に重要な働きをすることが知られています。

シナプスでの神経伝達物質の放出が、神経終末部へのカルシウムイオンの流入によってコントロールされているからです。

ですので、体はいつも、生命の維持に必要なカルシウムを細胞中や体液中に確保していて、足りなくなると骨を分解してでも補充しようとします。

 

そんな大切なカルシウムですが、日本人のようにミネラル分の少ない軟水の環境で生活している人たちは、基本的にいつもカルシウム不足にさらされているそうです。

まずはこのカルシウムを十分に摂って、末端まで神経伝達を良くすることと、健康な骨や歯を維持することが重要です。

ただし、カルシウムの過剰摂取は高カルシウム血症の原因となるため、サプリメントの使用は専門家の指導の下で、適量を守って行ってください。

 

そのほか、関節の動きを滑らかにしてくれるコンドロイチン等の補充も推奨されます。

骨内部のネットワーク状の有機物や軟骨の成分として、コンドロイチンは重要な働きをしています。

 

こうした栄養面でのケアを骨格の矯正と並行して行うことで、神経系をはじめとする体全体のバランスが整えられ、全身の健康へとつながっていきます。

腕の良いカイロプラクティック・ドクター

さて、カイロプラクティックがどのようなものか、概略はお分かりいただけたと思います。

 

私が思う「腕の良いカイロプラクティック・ドクター」とは、上記の3点(手技、自宅矯正、栄養学)を適切に指導してくれる診療院の先生です。

最後に、私がたまたま出会うことができた腕の良いドクターについてご紹介したいと思います。

nanna.(杉浦勇樹 院長)

全健会nanna.のページ

診療院「nanna.」はJR飯田橋駅(東京都)から歩いて5分ほどのところにあります。

同院の杉浦院長は、全健会(全国健康生活普及会)で施術を学んだ方で、前職の放射線技師の経験を生かしながら、全身の健康維持を多角的に考えてくださる先生です。

また、全健会での技術研究も続けています。

 

全健会とは、日本カイロプラクティック連合会(JCA)の運営母体で、JCAは日本で唯一の大規模なカイロプラクティック技術研究団体です。

JCAの会長はTexas Chiropractic Association(TCA)の前会長リチャード・G・ブラサード氏が務め、TCAやAmerican Chiropractic Association(ACA)を通じて、本場アメリカの最新技術を取り入れながら研究を進めています。

 

ただ、全健会の診療院がすべていいかどうかは、残念ながら私にはわかりません。

カイロプラクティック体験者のいろんな方の話を聞いていると、全健会に限らず、カイロプラクティックの先生の腕の良し悪しは実に様々です。

腕の良い先生に出会えることは本当に恵まれたことだと思いますので、1度体験してがっかりした人も、腕の良い診療院を探して再トライしてみることをお勧めします。

ちゃんとしたところで診てもらえば、カイロプラクティックの効果はとても大きいです。

 

カイロプラクティックの効果についてはこちらの記事も参考になります。

 

カイロプラクティックは、日本ではまだ医療行為として認められていないので、医師免許や柔道整復師のような国家資格が必要ありません。

極端な話、自分が名乗ればそれでカイロプラクティック・ドクターになれる世界です。

もちろん多くの診療院は米国等の専門機関から認可を受けて正式な施術を行っているわけですが、とりあえず「免許」は必要ありません。

ですので、どうしても先生の腕に大きな差が出てしまいます。

 

nanna.の話に戻りますね。

私は高校で生物学の教師をしているので、杉浦院長には、生物学的な細かい質問もいろいろしてきました。

けっこうやりにくい患者だったと思います。

ですが、根気よく丁寧に説明してくれて、おかげで通い続けることができました。

 

それから、私はボキボキ関節を鳴らされるのが嫌で、鳴らさないでくれと無理なお願いをし続けているんですが、私の場合、ほとんど鳴らさないやり方で施術をやってもらって、体の状態が改善していきました。

頼んでみるもんですね。

これも嬉しい一面です。

 

私が通っているnanna.はこんな感じです。

飯田橋なので東京にお住まいの方しか来られないと思いますが、腕の良いカイロプラクティック・ドクターを見つけるための参考にしていただければ幸いです。

参考文献

  • おおたとしまさ『背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る!:おうちでできるアメリカ発カイロプラクティック』(ダイヤモンド社,2015)
おおたとしまさ『背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る!:おうちでできるアメリカ発カイロプラクティック』(ダイヤモンド社,2015)
おおたとしまさ『背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る!:おうちでできるアメリカ発カイロプラクティック』(ダイヤモンド社,2015)

 

この記事をシェアする