この記事をシェアする

あなたには、今夢がありますか?

「夢を持てなくなったあなたへ」というサブタイトルでブログを書いているので、これを読んでくれているあなたは、「夢なんてない」というのが正直なところかもしれません。

なので、現時点で夢がなくても全然大丈夫なんですが、今日はちょっと別の視点からお話ししたいと思います。

 

あなたに今夢があったとして、あるいは近い将来、あなたの夢がはっきりしたとして、それを実現するための「強力な方法」についてです。

この方法というのは、誰にでもできるのにほとんどの人がやっていない方法であり、それでいて、ほぼ確実に夢を実現させるほど超強力な方法です。

これだけ引っ張ると聞きたくなりますよね。

 

その方法とは、次の3つです。

  1. 夢を紙に書く。
  2. ほぼ毎日見るようにする。
  3. 自分にもできると信じる。(=ネガティブな考えをしない。)

 

たったこれだけです。

誰にでもできそうですよね。

もう少し具体的に、1つずつ説明していきますね。

 

(1)夢を紙に書く

あなたの夢が何であれ、まず紙に書いてください。

頭の中に置いておくだけではダメです。

いつも目にすることができるように、必ず書いてください。

 

紙に書くのは、それを頻繁に見直せるようにするためです。

(ですので、手書きでもPCでもどちらでもOKです。)

見直すことで、繰り返し思い出し、夢を忘れません。

 

「夢が実現しない一番の原因は、夢を忘れるから」です。

忘れないように、紙に書きましょう。

(これだけ言っても、9割の人はやらないんですよね。誰にでもできることなんですけど・・・。)

 

(2)ほぼ毎日見るようにする

ぼくのオススメの方法は、薄いクリアファイルを1冊用意して、その中に夢を書いた紙を挟んでおき、いつもカバンに入れて持ち歩くという方法です。

ぼくの場合、無印良品で買った10ポケットの透明なクリアファイルに、「自分のやりたいことリスト」「ミッションステートメント」「比較的長期的な目標」「短期的な目標」「ポジティブな肩書き(←自分で勝手に付けたものです・・・)」などを挟んでいます。

※ ミッションステートメントの作り方については、映像セミナーの【第2章】でお伝えしています。

 

そして、ちょっとした空き時間にファイルを見直します。

朝でも寝る前でも、通学途中でも、休み時間でも、いつでもいいです。

1日に2回くらいは見直せるといいでしょう。

 

そして、見直しながら、できるだけ具体的に夢が叶った自分の姿を想像します。

ちょっと笑みがこぼれませんか?

ゆっくり想像を巡らすのは、時間がある時だけで大丈夫です。

寝る前とか。

それ以外の時は、さらっと見直すだけでも十分効果があります。

 

(3)自分にもできると信じる(=ネガティブな考えをしない)

そして、楽観的に、「自分にもできる」と信じてください。

実際に夢を紙に書いてみると、心の中のもう一人のあなたが、「そんなの自分には無理・・・」とささやきます。

夢が叶った自分の姿を想像すると、とてもいい気分になるのに、現実の世界で何か思い通りに行かないことが起こると、すぐにネガティブになってしまう。

 

よくあることです。

全然大丈夫。

 

あなたはあなたが思っている以上に素晴らしい力を持っています。

自分では気づかないんですけどね。

これは気休めでも何でもなくて、あとでちょっと紹介しますが、生命科学的に根拠のあることです。

とりあえず、楽観的になること。

気軽にね。

 

それでも、ついネガティブに考えてしまうなら、いい方法があります。

それは、「音声」を聞くこと。

「音声」というのは、自分をポジティブにしてくれる人のトークのことです。

自分の尊敬するスポーツ選手のインタビューでもいいし、キング牧師やスティーブ・ジョブズのスピーチでもいいし、TED Talks(世界で活躍する人をゲストにした短いスピーチ番組)でもいいです。

こういうモチベーションを上げてくれる人の話は、ネガティブな考えからぼくらを守ってくれます。

 

人間は、放っておくとネガティブな考えが湧いてくる生き物です。

これはもう仕方がない。

だから、ポジティブなトークを耳から入れて、ネガティブな考えに陥る隙を自分に与えないことです。

 

ぼくの講義音声も、ぜひ活用してください。

動画視聴ページ(←映像セミナーに登録するとリンクが送られてきます)から、『大学生に聞いてほしい、人生を動かす5つの話』の音声ファイルがダウンロードできるようになっています。

 

 

以上が、「誰にでもできるけどほとんどの人が知らない夢を実現する方法」です。

簡単すぎて、ちょっと怪しいですか?

もう一度、夢を実現する方法3つを書きますね。

  1. 夢を紙に書く。
  2. ほぼ毎日見るようにする。
  3. 自分にもできると信じる。(=ネガティブな考えをしない。)

 

さて、なぜこれだけで夢が実現するのか。

気になりますよね。

それは、人間の脳が持っている素晴らしい力、「潜在意識」を利用するからなんです。

 

人間の脳というのは、ぼくら自身が意識できることよりもはるかに多くの情報を処理していて、その処理結果に基づいて、無意識に必要な行動を取るように体に働きかけます。

簡単な例を挙げてみましょう。

 

人々で賑わうお昼休み、キャンパスのベンチに座って目を閉じてください。

そして、頭の中でこう考えます。

「赤い服を着た人は何人いたっけ。」

そして、目を開けてみてください。

何と、自分の意識が勝手に赤い服を探し始めるんです。

たとえ視界の端っこにほんの少し映っただけでも、赤い服を着た人がいればそちらに目が行きます。

そして、ものすごいスピードで赤い服を着た人をロックオンします。

 

これ、結構すごいことなんです。

ぼくらが目標となるものを意識するだけで、脳が勝手にそれを探し始める。

まるで飛行機の自動航行装置のように、目標に向かって脳が道案内を始めます。

これが、上記の3つをするだけで夢が実現する、最も基本的な理由です。

 

夢を紙に書いて毎日見直すことで、ぼくらの脳はゴールを明確に把握します。

そして、それを実現するために、ありとあらゆる行動を取るようにぼくらの体に働きかけます。

必要な情報に注意を向けさせ、必要な経験ができるように行動させ、判断に迷う時には、何となく必要な方を選択するように直感を働かせます。

 

そう、直感も強い味方になるんです。

上記の3つを実行すれば。

この時、ネガティブな考えは脳にブレーキをかけてしまうことになるので、楽観的に考えるようにします。

 

いかがでしょうか?

いきなりこんなこと言われてもなかなか信じられないかもしれませんが、騙されたと思って一度やってみてください。

ものすごく強力です。

比較的短期に結果がわかる目標でやってみれば、その威力がわかると思います。

 

ぼくもこれをやり始めてから、どんどん目標(=短期的な夢)が達成されていく経験をしています。

「百聞は一見にしかず」です。

ぜひお試しあれ。

 

この記事をシェアする