この記事をシェアする

あなたは、こんな祈りの言葉を聞いたことがあるでしょうか。

神様、私にお与えください。

自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを、

変えられるものは変えていく勇気を、

そして、2つを見分ける賢さを。

この祈りの言葉は、アメリカの神学者ラインホールド・ニーバーが残したものです。

キリスト教会では、「ニーバーの祈り」として広く知られています。

 

この祈りの言葉には、いくつかの大切な真理が含まれています。

  • 世の中には、自分に変えられないものと変えられるものがある。
  • 自分に変えられないものは、受け入れる。
  • 変えられるものは、変えていく。
  • 変えられないものを受け入れるには、落ち着きが必要。
  • 変えられるものを変えていくには、勇気が必要。
  • 両者を見分けるには、賢さが必要。

 

深いですね。

ぼくが特に重要だと思うのは、「変えられないものがあることを知る」ということです。

 

ぼくはこのブログや動画『大学生に聞いてほしい、人生が動き出す5つの話』の中で、マインド(心とか、思考とか)を変えることが、夢を持って自分自身の人生を生きるための第一歩だとお伝えしてきました。

 

マインド、あるいは心です。

 

自己啓発の本などを読むと、「あなたにはできる!」みたいな感じで、どんなことでも変えようと思えば変えられる、と主張している人がいます。

ぼくもあなたに、「今の自分は変えられるんだ」と言いたいし、そのように言ってきました。

 

でも、ぼくは、「どんなものでも変えられる」と言うつもりはありません。

変えられないものと変えられるものがあるからです。

 

あなたは何を変えたいですか?

環境、容姿、大学、親子関係、人間関係、習慣、世の中、などなど。

 

それは、変えられるものでしょうか?

 

もしかしたら、変えられないものを一生懸命変えようとして、努力が空回りし、疲れてしまっていませんか。

 

 

端的に言うと、変えられるものは、あなた自身に関することです。

あなたの心、感情、考え方、行動、言葉、習慣、態度、身だしなみ、服装、自分の家、など。

他人に関することや、環境(プライベートな範囲を超える環境)は、基本的に変えられません。

 

ですから、例えば人間関係を変えたいと思った時に、相手に変化を求めるのは、無理があるわけです。

自分が変わるしかない。

そして、変えられないもの、つまり相手の態度や考え方などは、受け入れるしかない。

 

「相手のことは諦めろ」と言っているように聞こえるかもしれません。

実際、まあ、諦めるしかありません。

 

夫婦とか、よほど近しい関係の時に、よく話し合ってお互いが変わっていくということはあるでしょう。

でも、基本的にはまず自分が変わる。

それしか方法がありません。

 

そして、この原則に反して他人や環境を変えようとするなら、あなたの努力は空回りし、疲れ切ってしまいます。

 

変えられるものと変えられないものがあるということ。

これは、とても大切な真理です。

 

 

ところで、変えられるもののリストに目を向けてみましょう。

先ほど挙げたものをもう一度書きます。

あなたの心、感情、考え方、行動、言葉、習慣、態度、身だしなみ、服装、自分の家、などです。

 

確かに、変えようと思えば変えられそうですよね。

自分に関することだから、自分次第で変えられるわけです。

 

しかし、あなたの心、感情、考え方、行動、言葉、習慣、態度って、そんなに簡単に変わるでしょうか。

長い年月をかけてあなたに染み付いてきたものですよね。

これらを変えるということは、ある意味で、今のあなたを否定することです。

 

ちょっとやそっとじゃうまくいかない。

やり始めても、すぐにまた元に戻ってしまうかもしれないし、努力が無駄に思えて、諦めたくなるかもしれない。

実際、なかなかうまくいかなくて、変わらない自分に落胆するでしょう。

 

自分を変えるって、とてもエネルギーのいることなんです。

だから、ラインホールド・ニーバーはこのように祈りました。

「神様、私にお与えください。自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを、変えられるものは変えていく勇気を、そして、2つを見分ける賢さを。」

 

変えられるものを変えていくには、勇気が必要なんです。

 

行動する勇気。

一歩を踏み出す勇気。

諦めずにやり続ける勇気。

 

このブログを読んでくれているあなたは、今の自分を変えるために、少なくとも初めの一歩を踏み出しました。

勇気ある行動です。

今までの自分に満足せず、それを否定する覚悟で、新しいことに一歩踏み出したのですから。

 

素晴らしいことです。

変化はすでに始まっています。

 

ブログを読むくらい、ほんの小さなことだと思いますか?

 

確かに、小さなことかもしれません。

でも、この小さな行動が、次の小さな行動を生み、さらにその次の行動へと繋がっていくのです。

そして、こうした行動の積み重ねは、確実にあなたを変えていきます。

 

このブログを読み始めたことで、あなたは変化の第一歩を踏み出しました。

 

この後、動画『大学生に聞いてほしい、人生が動き出す5つの話』を観てもいいし、

ブログを読み続けてもいいし、

学んだことを実践してみてもいいし、

渡邉にメールしてみてもいいし、

動画の中で紹介されている本を読んでみるのもいいでしょう。

 

これら一つ一つの行動が、「変えられるものを変えていく」ということです。

今の自分を否定して、新しいことを始めるということです。

 

勇気は必要です。

でも、やる価値は十分にあります。

 

 

P.S.

動画『大学生に聞いてほしい、人生が動き出す5つの話』の内容は以下の通りです。

  • 自分の人生を自ら切り開いていく人のマインドとは?
  • 重要ではないことに時間を奪われてはならない
  • 「一生の仕事」なんて見つからなくて当たり前
  • 学歴が高い人ほど将来の経済的状況は苦しくなる?
  • 自分自身の人生を生きるためのビジネス力

この記事をシェアする