この記事をシェアする

食虫植物とは

食虫植物とは、光合成で得られるデンプンと土壌から吸い上げる養分の他に、昆虫や小動物などを消化・吸収して栄養源の一部にしている植物の総称で、特徴的な捕虫器官を有していることで有名です。

 

例えば、鋭い歯がびっしりと並んだ大きな口のような葉っぱを持つ「ハエトリグサ(蝿捕草)」や、とっくりのような形をした落とし穴式の葉っぱを持つ「ウツボカズラ」などがよく知られています。

食虫植物のハエトリグサ(蝿捕草)
食虫植物のハエトリグサ(蝿捕草)

 

食虫植物のウツボカズラ
食虫植物のウツボカズラ

 

ちなみに食虫植物は、英語では「Insectivorous Plants」あるいは「Carnivorous Plants」と言います。

『種の起源』の著者で「進化論の父」として有名なチャールズ・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809 – 1882)は、食虫植物の研究成果をまとめた著書『食虫植物』を1875年に発表しましたが、原題は「Insectivorous Plants」という表記です。

「Carnivorous Plants」の方は、直訳すると「肉食植物」になってしまいますね……。

食虫植物ハエトリグサ

さて、そんな食虫植物の中で、最もポピュラーなものの1つがハエトリグサ(学名:Dionaea Muscipula)です。

英語名は「Venus Flytrap」と言います。

 

ハエトリグサは、おもに小さな昆虫やクモを食べます。

当たり前かもしれませんが、ハエだけじゃないんですね。

 

ハエトリグサは小さな植物で、短い地下茎から4〜7本程度の葉を出します。

葉の先端は2つの部分に分かれていて、ここが虫を捕らえる捕虫器官になります。

とても普通の葉っぱには見えませんが、それでもやっぱり葉っぱなんですね。

キバがびっしり生えた口のように見えます……。

 

そしてこの捕虫器官、ものすごい速さで動くんです。

その速さ、なんと100ミリ秒(0.1秒)。

開いていた捕虫器官が、0.1秒という早業でさっと閉じるんです。

 

すごいですね。

これは、植物の動きとしては最も速い動きの1つと言われています。

 

Nature誌に掲載された論文によると、ハエトリグサの素早い動きはスナップによるものだそうです(Forterre et al., 2005)。

 

例えばトイレの吸引機のような、ゴムでできた半球型のものを想像してください。

この半球を裏向けるように反り返らせると、少しの力を加えただけで反動で戻りますよね。

反り返ったゴムの半球はとても不安定で、反動で元に戻るときの動きはとても素早いです。

ハエトリグサの素早い動きも、このような原理で実現できているのだそうです。

ハエトリグサの捕虫器官をデジタル顕微鏡で観察

ハエトリグサを特徴づける捕虫器官。

その細部を見てみようと、簡易デジタル顕微鏡を使って観察しました。

まずはこちらの写真から。

ハエトリグサの捕虫器官(閉じているところ)
ハエトリグサの捕虫器官(閉じているところ)

 

閉じているハエトリグサの捕虫器官をピンセットで開いたところ
閉じているハエトリグサの捕虫器官をピンセットで開いたところ

 

閉じている捕虫器官を無理やり開いてみたら、何か入っていました!

この様子、ちょっと動画でご覧ください。

 

ハエトリグサの中に、アリのような昆虫と白い塊が入っていました。

何でしょう?

取り出してみたのですが……。

ハエトリグサの捕虫器官の中に入っていた白い塊
ハエトリグサの捕虫器官の中に入っていた白い塊

 

取り出してみたものの、白い塊が何なのか結局わかりませんでした。

大きさは3.5 mm程度。

アリの卵ではなさそうです。

 

そして、次に消化後と思われる虫を発見!

ハエトリソウの葉っぱは開いており、中の虫は干からびて死んでいました。

食べられちゃったんでしょうかね……。

ハエトリグサの中で死んでいた昆虫
ハエトリグサの中で死んでいた昆虫

 

さて、もう少し観察を続けます。

こんどは棘の数に着目しました。

開いた状態のハエトリグサの捕虫器官
開いた状態のハエトリグサの捕虫器官

 

閉じた状態のハエトリグサの捕虫器官
閉じた状態のハエトリグサの捕虫器官

 

ハエトリグサの棘の数は、数えてみたら左右非対称でした。

例えば、ある捕虫器官について数えてみると、左側が19本、右側が16本。

けっこう違いますね。

 

なんとなく左右対称か、あるいは非対称でもその差は1本くらいじゃないかと予想していたんですが、大ハズレでした。

1本どころの違いではなかったです。

 

なぜ左右で棘の本数が違うのか、不思議です。

観察ツール

今回、ハエトリグサの観察で使用したのは簡易デジタル顕微鏡です。

簡易デジタル顕微鏡

 

Amazonなどで「簡易実体顕微鏡」とか、「デジタルマイクロスコープ」とかで検索すると見つかると思います。

ノート型PCなどにUSB接続ができるタイプのもので、比較的安価に購入できて、細部の観察に重宝します。

ぜひお試しください。

参考文献

 

この記事をシェアする