「(AIによって)今後20年間ですべての仕事の47%が自動化される可能性がある。」というオックスフォード大学マイケル・オズボーン博士の研究報告。今ある仕事がなくなるということは、裏を返せば、新しい仕事がどんどん生まれてくるということだ。ぼくたちが本当に心配しなくてはならないのは、「新しく生まれてくる仕事に適応できるかどうか」だ。