インターネットビジネスに関する記事をいくつか書いてきましたが、今回はぼくが特に大切だと思っている「ゴールイメージ」について。

 

起業を目指す理由は人それぞれだと思います。

副収入が得たい、自由な時間を持ちたい、成し遂げたい夢がある、リストラされたから会社が信用できない、などなど。

 

ここで、「起業する目的」と「起業のゴールイメージ」は、当たり前ですが一致していないといけないわけです。

起業して何を目指すのか。

 

ぼくにとっての起業の目的は、「収入源の分散」でした。

(起業した当時)本業の方がキリスト教会の運営するフリースクールだったので、お金稼ぎが第一目標になってはいけないと思っていました。

むしろ、あまりお金をもらわない方が好ましい。

 

そこで、起業をして収入源を分散したいと思うようになりました。

しかも本業に差し支えないようにしたい。

こういう状況だったので、インターネットビジネスを始めることが最適解でした。

 

 

さて、「収入源の分散」を目的にビジネスを始めたわけですが、ゴールイメージはどんなものだったか。

ぼくのゴールイメージは次の図のようなものでした。

収入源の分散(ゴールイメージ)

起業を始める前の状況(図中の「現在」のところ)では、給与所得の割合が100%です。

この状況から、給与所得の割合を50%以下(一番右側の棒グラフ)にするというのがぼくのゴールイメージでした。

こうやって図に描くと明確ですよね。

 

目的と一致した明確なゴールイメージを持つことで、断然目的を達成しやすくなります。

「絵に描いた餅」なんて言葉が否定的に使われますが、絵に描くこと、あるいは文字で書くことって、とても大事なんですね。

 

 

P.S.

度々ブログで紹介している『次世代起業家・経営者アカデミー』という無料のコンテンツですが、どんなことが学べるかというと・・・

  • 挫折せずに起業するために、絶対に増やしてはいけない日常の活動とは?
  • 起業を始めるのに必須なアイテム・環境とは?
  • お金をもらいながらビジネスの基礎を学ぶ方法とは?
  • 成功のために必ず読むべき本とは?

などなどです。

有料のコンテンツも用意されていますが、これらの内容は全部無料で学べます。

 

『次世代起業家・経営者アカデミー』は加藤将太さんという若手の起業家が運営しているオンライン講座です。

興味のある方はこちらのリンクから見ることができます。

 

 

P.P.S.

上記のリンクをクリックしてみた人はわかると思いますが、次世代起業家・経営者アカデミーを始めるには、ちょっとしたテストが必要です。

その名も「起業センス診断」。

 

これは、ぼくらがどれくらい起業に必要な特性・傾向を持っているかを診断するテストで、現状を把握するという意味合いでテストします。

点数が低くてもぜんぜん大丈夫です。

オンライン学習を進めることで徐々に上がってくるということです。

 

ちなみにぼくは、意外と高くて58点でした。(ちょっとうれしい。)

起業センス診断初回の結果

だいたい45以上から起業の成功確率が高くなってくるそうです。

 

起業センス診断を受けた後は、次世代起業家・経営者アカデミーの入門編の講義映像が見られるようになります。