これからブログを作ろうと思っている人向けに、「ずっと使えるブログ」を最初から作る方法をお伝えします。

 

今は無料でできるブログツールがたくさんあり、「まずは気軽に始めてみよう」「慣れたらちゃんとしたものを作ろう」と考えている人も多いと思います。

ですが、サーバー選びやテンプレート選びは最初が肝心で、途中で変更するのはかなりの労力がかかります。

最初からしっかりしたものを準備して始めることで、一度作ったブログをずっと使い続けることができ、その結果、無駄な労力もかからないし、集めたアクセスもロスすることがありません。

 

このような理由から、ブログを始める時には、最初から「ずっと使えるブログ」を作ることを強くおすすめします。

レンタルサーバーの契約

では、早速そのやり方を順番に説明していきます。

 

まずやらなくてはならないことは、サーバーの準備です。

サーバーとはインターネット上のスペースのことで、サーバーを貸し出しているレンタル会社と契約することで、一定のデータ容量までインターネット上に自由にデータを転送できるようになります。

 

ぼくがおすすめするレンタルサーバーは、エックスサーバーです。

エックスサーバー

なぜ無料のレンタルサーバーではなく、有料のレンタルサーバーをお勧めするかというと、おもに2つの理由があります。

1つは、安定したアクセスを確保できるから

そしてもう1つ、様々なSEO対策がし易いから、です。

 

レンタルサーバーはどこも同じというわけではありません。

エックスサーバーの稼働率は99.99%で、非常に安定したアクセスを確保できます。

また、サポートも充実していて、使い方でわからないことがあれば素早く対応してくれます。

電話でもメールでもOK。

無料のレンタルサーバーだとサポートはほぼないので、この違いは大きいです。

 

エックスサーバーはプロのWEBデザイナーからの信頼も厚く、利用者は150万人以上になります(2018年8月現在)。

また、コストパフォーマンスが高いのもエックスサーバーの魅力です。

 

サーバーの契約が済んだら、次のステップに進みましょう。

ドメインの取得

エックスサーバーに契約すると、エックスサーバー経由でドメインの取得・管理ができるようになります。

ドメインとは、「watanabekats.com」のように、サイトURLのメインとなる部分のことです。

 

独自のドメインを取得するには、ある程度の初期費用と管理費用がかかります。

ですが、最初から、一生使える独自ドメインで始めることをおすすめします。

ドメインはアクセスによって育つものなので、早めに独自ドメインを取得して、自分のドメインを育ててあげましょう。

 

アクセスはドラクエで言う「経験値」みたいなものです。

経験値の多いドメインは、それだけで検索エンジンの上位に表示されます。

WordPress(ワードプレス)のインストール

エックスサーバーの契約ができて、独自ドメインも取得したら、次はWordPressというブログツールをインストールします。

 

WordPressはブログを簡単に作成・編集できるツールです。

様々なテンプレートが用意されているので、好きなテンプレートを選ぶだけで非常にクオリティの高いサイトがすぐに作れます。(ある程度の慣れは必要ですが。)

 

WordPressのインストールは、エックスサーバーの「インフォパネル」から「サーバーパネル」にログインし、下図の赤丸のメニューから行います。

 

 

WordPressのインストールが終わると、とりあえずはインターネット上にあなたのブログができたことになります。

中身は空ですけどね。

このブログを、WordPressの管理画面で編集しながら作り込んでいくことになります。

 

インストールしてすぐは、まだWordPressのログインページにアクセスできないかもしれません

1時間くらいしてからもう一度トライしてみてください。

長い場合だと、1日くらいかかることもあるそうです。

WordPressのテンプレートを選択する

WordPressには様々なテンプレートが用意されています。

管理画面にログインしたら、まずは下図の赤丸で示した「テーマ」というところから、好きなデザインのテンプレートを選択してください。

無料のものもたくさんあります。

 

ですが、ぼくがおすすめするテンプレートは『賢威』という有料テンプレートです。

無料で配布されているものではないので、下記のURL(またはバナー広告)から購入し、「テーマのアップロード」からインストールする必要があります。

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】



なぜ「賢威」がいいかというと、非常に高度なSEO対策を、半永久的にやってくれるからです。

 

SEO対策って、実は、やり始めるとキリがありません。

もちろん基本的なことは自分でもやるのですが、技術の発達や検索エンジンの変化など、時代の動きに的確に対応していくには、プロの力が必要です。

というか、その辺のことは積極的にプロに頼って、自分の時間を節約すべきです。

あなたもきっと、プロのWEBエンジニアを目指しているわけではなくて、自分の専門知識で情報発信やアフィリエイトをしようと思っているのではないでしょうか。

それなら、SEO対策には深入りしないことです。

 

一度「賢威」を買うと、それ以後は、新しいバージョンが出ても無料で使うことができます。

つまり、SEO対策のプロ集団である「賢威」制作チームのノウハウを、一度買っただけでずっと使えるわけです。

 

個人的にこんなお得な話はないと思っていて、強くおすすめします。

プラグインをインストールする

ここまでできれば、あとは自分が選んだテンプレートに記事を充実させていくだけです。

最後に、インストールしておくと便利なプラグインを紹介しておきます。

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するプログラムのことです。

WordPress管理画面の「プラグイン」というメニューからインストールできます。

Ad Inserter

作成者: Igor Funa

Google AdSenseなどのバナー広告を、ブログの好きな場所に配置できるプラグインです。ページ単位での設定もできるし、場所だけ指定して、全てのページに一括で設定することもできます。

AddToAny Share Buttons (シェアボタン)

作成者: AddToAny

SNSなどで記事を共有するための「シェアボタン」を配置するプラグインです。Facebook、Twitter、Google+などの有名どころだけでなく、ほとんど全ての媒体を網羅しています(2018年8月現在、LINEでシェアできる唯一のプラグインです)。全てのシェアボタンをプルダウン表示できる「ユニバーサル共用ボタン」もあります。

All in One SEO Pack

作成者: Michael Torbert

2007年から4,500万回以上ダウンロードされた、有名なWordPress用SEOプラグインです。「賢威」を使っている場合は必要ありません

Broken Link Checker

作成者: Janis Elsts, Vladimir Prelovac

壊れたリンクや存在しない画像がないか、ブログをチェックしてくれるプラグインです。見つかった場合はダッシュボードで知らせてくれます。

Contact Form 7

作成者: Takayuki Miyoshi

問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインです。シンプルで使いやすい。

Duplicator

作成者: Snap Creek

WordPressで作成したブログを丸ごとバックアップできるプラグインです。ブログの移行や複製にも便利です。

Edit Author Slug

作成者: Brandon Allen

ユーザーのauthor slugを編集できるプラグインです。author slugをデフォルトのままにしておくと、WordPressのログインIDがauthor slugになり、外部の人にログインIDがわかってしまいます。そうするとセキュリティ上の脅威になるので、プラグインを使って変更することをお勧めします。

EWWW Image Optimizer

作成者: Shane Bishop

WordPress内の画像のファイルサイズを、自動で適正なサイズに縮小するプラグインです。これをしておかないと、不必要にサーバー容量を消費したり、ページの読み込み速度が遅くなったりします。

Flamingo

作成者: Takayuki Miyoshi

前述の「Contact Form 7」のためのメッセージ保存用プラグインです。同じ人が作成しているので、信頼性が高いです。

Google XML Sitemaps

作成者: Arne Brachhold

Googleに自分のサイト情報を伝えるためのプラグインです。サイトの変更内容が検索エンジンに早く反映されます。

PS Auto Sitemap

作成者: Hitoshi Omagari

サイトマップページを自動生成するプラグインです。サイトマップページがあるとサイトの全体像を把握できるため、意外と重要です。簡単に作れます。

Revive Old Posts – Auto Post to Social Media

作成者: revive.social

TwitterやFacebookの過去記事を、設定した期間経過後に自動でシェアしてくれるプラグインです。SNSをやっている人には便利です。

SiteGuard WP Plugin

作成者: ジェイピー・セキュア

インストールするだけでセキュリティを向上させることができるプラグインです。管理ページへのログイン画面を独自のURLにすることができ、かつ認証機能を追加するため、不正ログインを防ぐことができます。もし独自のログインページではなく共通の(デフォルトの)ログイン画面を使用していると、アカウント(ログインID)が知られた場合、あとはパスワードを攻撃するだけでログインされて乗っ取られてしまいます。

SNS Count Cache

作成者: Daisuke Maruyama

SNSでのシェア数をキャッシュから参照できるようにするプラグインです。ページの読み込み速度が向上します。

TablePress

作成者: Tobias Bäthge

テーブルとは「表」のことです。コードを書く必要なしに、美しく機能豊富なテーブルを投稿ページに埋め込むことができます。

WP Multibyte Patch

作成者: 倉石 政典

マルチバイト文字の取り扱いに関する不具合を修正するプラグインです。WordPress日本語版をインストールすると初めから入っているので、有効化するだけでOK。