ビジネスの勉強を始めたら、同時進行で自分のブログを作り始める。

ぼくはビジネスの勉強を始める前から個人のブログを持っていたので、それをビジネス用に改良した。

 

「ビジネス用」とはどういう意味か。

それは、「お金になるブログ」あるいは「資産価値のあるブログ」という意味だ。

ブログがお金になる、というイメージがわかりにくいかもしれないが、要はブログを見に来た人に何らかの形で商品を買ってもらうわけである。

だから、適当なものでは当然いけない。

 

「お金になるブログ」にはいくつかの条件がある。

  1. 検索エンジンからアクセスが集まる。
  2. リピートしてくれるファンがいる。
  3. 商品購入までの動線を作ってある。

 

この3つだ。

でも、最初はあまり難しく考えなくていい。

ビジネスの勉強が進むにつれて、こういうことは自然とできるようになるからだ。

まずはビジネスに耐えられる条件でブログを設置して、記事を書き始めること。

 

ブログにアクセスが集まり始めれば、マネタイズしてお金を稼ぎ始めることができる。

この状態をぼくは「レベル1のブログ」と呼んでいる。

少額だが、レベル1から収益化は可能だ。

その後どんどん拡大していけばいい。

 

大事なことは、最初にビジネスに耐えられるブログを設置すること。

最初から正しい条件でブログを設置しておけば、実力がつくに従って容易に改良でき、ビジネスを拡大できる。

逆に、最初の設置の時にビジネスに耐えられるブログにしておかないと、途中で大幅な変更、あるいは最初から作り直し、ということになりかねない。

だから、将来ブログで多くの収益をあげることを見越して、最初からビジネスに耐えられるブログを設置しておくことが大切になる。

 

ビジネスに耐えられるブログの条件は、以下の3つ。

  1. 独自ドメイン+サーバー契約
  2. ワードプレス(WordPress)
  3. SEO対策済みのテンプレート

 

まず、「独自ドメイン+サーバー契約」から説明する。

ビジネス用にブログを作るなら、Ameba、はてな、ブロガーなどの無料ブログサービスはやめておいた方がいい。

これらのサービスでは、ドメイン(URLの基本となる部分。例えば、http://www.〇〇〇〇.comなら「〇〇〇〇.com」の部分)が自分のものにならない。

だから極端な話、Amebaブログの無料ブログサービスであなたが作ったブログは、Ameba社のものということになる(もちろん著作権はあるが)。

 

これからあなたが作ろうとしているのは、「資産となるブログ」だ。

ブログという形態のビジネスを所有する、と考えてほしい。

あなたのビジネスを、他社の所有するドメインの上に設置してはならない。

あなたが所有するドメインに設置して、自分の資産としなければならない。

 

そこで必要なのが「独自ドメイン」と「サーバー契約」。

サーバーとは、常時インターネットに接続された情報空間のこと。

サーバーに自分だけのスペースを準備して、そこにブログを設置する。

 

一般的な流れを説明すると、まずレンタルサーバー会社に対してサーバーを借りる契約をして、その会社を通じて独自ドメインを取得し、ドメインの管理とサーバーの管理を一緒にやってもらう。

 

まあ、要はサーバーの契約から始めるということ。

ビジネス用ブログを設置するのに評判の良いレンタルサーバー会社は、いくつかある。

 

ぼくが使っているのはエックスサーバー。

安定性、アフターサービス、ランニングコスト、後述するWordPressの操作性などから選んだ。

月額1,080円は安い。

さくらのレンタルサーバなどを見るとさらに安いが、データ容量の面でエックスサーバーにした。

 

参考までに、データ容量と月額の比較は以下の通り。

  • 「エックスサーバー」200GB=1,080円/月
  • 「さくらのレンタルサーバ」100GB=515円/月(200GB=1,543円/月)
  • 「スピーバー」50GB=1,200円/月

 

それぞれのホームページを見て、自分に合ったものを選んでほしい。

もしエックスサーバーを使うなら、以下の記事で詳しい手順を知ることができる。

【参考記事】ブログ初心者でも簡単!ずっと使えるブログの作り方:SEO対策済み

 

次に、ワードプレス(WordPress)について。

 

サーバーを契約して独自ドメインを取得したら、契約したサーバーの管理画面を使って、自分のブログを作成する作業に入る。

最初にやることは、ワードプレス(WordPress)のインストールだ。

 

ワードプレスとは、世界中で使われている利用者数ナンバー1のブログ作成ツールのこと。

ビジネス用のブログをワードプレスで作ることの利点は枚挙にいとまがないが、代表的なものを挙げるとすれば次の2つだ。

  1. Googleの検索エンジンに優遇される。
  2. プラグイン(ブログ拡張ツール)が無限に使える。

 

まず、せっかくサイトを作ってもGoogleの検索エンジンから高評価を得られなければ、インターネットの向こう側の世界で誰も知らない存在になる。

それほどまでに、2019年現在、Googleの検索エンジンはインターネット事業に多大な影響を及ぼしている。

事の善し悪しは別として、ビジネス用のブログを作るならGoogleから高い評価を得ることは最重要課題の一つだ。

そして、Googleは公式的に、「ワードプレスで作られたサイトを優遇する」と宣言している。

これが、ワードプレスを使うべき第一の理由。

 

第二に、プラグインが無限に使えること。

プラグインとはブログの機能を拡張するツールのことで、ワードプレスには膨大な数のプラグインが用意されており、全て無料でインストールできる。

これがどれほどすごいことかというと、ビジネスで必要な機能をほぼ全て無料で、簡単に実装できてしまう。

 

例えば以下の機能。

  • 問い合わせフォーム
  • ショッピングカート
  • 会員専用サイト

そのほか、広告を好きな場所に挿入したり、SNSのシェアボタンを設置したり、ブログを丸ごとバックアップしたり。

これら全部が、プラグインをインストールするだけで簡単にできるようになる。

これがワードプレスを使うべき第二の理由。

 

というわけで、サーバーの契約が済んだらワードプレスをインストールする。

エックスサーバーを使う場合、上述の参考記事が役立つのでリンクを再掲する。

【参考記事】ブログ初心者でも簡単!ずっと使えるブログの作り方:SEO対策済み

 

最後に、「SEO対策済みのテンプレート」について。

 

テンプレートというのは、ブログのデザインのこと。

ワードプレス用のテンプレートは、プラグインと同じくほぼ無限に存在する。

世界中のクリエーターが無料で提供しているからだ。

 

自分のブログのイメージに合わせて、好きなテンプレートを選ぶといい。

ただし、1度決めたらよほどのことがない限りテンプレートの変更はお勧めできない。

ページの横幅など、デザインが崩れてしまうケースが多いから。

なので、本当は、テンプレートを選ぶのは自分のブログのイメージが固まってからの方がいい。

ブログの設計方法については次回の記事で詳しく紹介するので、そちらを先に読んだ方がいいかもしれない。

 

以下は参考程度に書いておく。

ぼくが使っているテンプレートについて。

 

ぼくが使っているのは無料のテンプレートではなく、有料の『賢威』というテンプレートだ。

賢威

わざわざ有料のものを使っているのは、SEO対策をテンプレート制作会社に任せたかったから。

SEO(サーチエンジン最適化)とは、検索エンジンで上位表示されるための様々な対策のことである。

必要なことだが深い知識とプログラミングの技術が必要で、ぼくはそれを自分でやりたくなかった。

その分、自分のビジネスに集中したかったからだ。

 

『賢威』というテンプレートはSEOのプロが開発したもので、購入時の金額を1回払ってしまえば、その後のバージョンアップは全て無料で使うことができる。

つまり、最初に少しのお金を払うだけで、プロがSEO対策を半永久的にやってくれるのだ。

このメリットは計り知れない。

 

検索エンジンの技術は日進月歩。

その対策を、半永久的に、プロが代わりにやってくれるのだから。

『賢威』は汎用型のテンプレートなので、ぼくがビジネスで使っている様々なサイトは全てこれ一つで作成している。

デザインに特にこだわらないなら、『賢威』を選ぶのも一つの手だ。

 

今回はレベル1のブログの作り方ということで、ビジネスに耐えうるブログの条件についてご紹介した。

この記事でブログ作成の準備は整ったはずだ。

次回はブログの中身、つまり「どんな記事を書いていくのか」についてご紹介する。

 

今回の内容をまとめると以下の通り。

  1. 最初からビジネスに耐えうるブログを準備しておく。
  2. まずはレベル1のブログ(アクセスの集まるブログ)を作り、少額から収益化する。
  3. ビジネス用のブログに必要なのは、独自ドメイン+サーバー契約、ワードプレス、SEO対策済みのテンプレート。

 


<ここまでの流れ>

  1. (必要な人のみ)自己アフィリエイトで教材購入のための資金を準備する。
  2. メインとなる教材をひとつ選び、ビジネスの勉強を始める。
  3. ビジネスの勉強と同時進行で、読書とブログ作成を始める。
  4. ブログ作成①:サーバー契約、独自ドメイン取得、WordPressインストール、テンプレート選び。

次回はブログに書く記事の内容について紹介する。