おもに中学校理科、高校生物、高校地学の教科書で紹介されている科学実験の動画シリーズです。そのほか、植物や昆虫を観察したクローズアップ動画もあります。

ゾウリムシの電気走性(Galvanotaxis of Paramecium caudatum

ゾウリムシは陰極に集まる性質を持っています。これを、負の電気走性と言います。動画で見るとよくわかるのですが、陽極から陰極に向かってまっすぐ移動するわけではなく、実は電気力線に沿って移動しています。

【関連記事】ゾウリムシの簡易的な培養方法と電気走性の観察(中学校理科・高校生物)

空気を使った寒冷前線のモデル実験(Weather Science Experiment: Cold Front Model

寒冷前線は、冷たい空気が暖かい空気の下に潜り込む時にできる前線です。実際の寒冷前線は透明で、しかもあまりにも規模が大きいために目で捉えることができませんが、寒冷前線の簡易モデルは実験室でも作ることができます。

【関連記事】中学2年・理科:身近な材料で寒冷前線のモデルをつくる

クヌギの樹液を吸うメスのカブトムシ(Female Japanese beetle (Trypoxylus dichotomous) sucking the sap from oak tree)

樹液に集まるカブトムシをクローズアップ撮影した動画です。細部の体のつくりまで鮮明に観察することができます。

【関連記事】クヌギの樹液に集まる昆虫:カブトムシ、クワガタムシ、カナブン

コクワガタとカナブン(Stag beetle (Dorcus rectus) and Japanese drone beetle)

クワガタやカナブンなど、クヌギの木の樹液に集まる昆虫たちをクローズアップ撮影した動画です。細部の体のつくりまで鮮明に観察することができます。

【関連記事】クヌギの樹液に集まる昆虫:カブトムシ、クワガタムシ、カナブン

食虫植物ハエトリグサの捕虫器の中から意外なものが(Carnivorous plants: Inside the Venus Flytrap)

二枚貝状のハエトリグサの捕虫器が閉じられていたので、ピンセットを使ってこじ開け、中を見てみました。すると意外なものが。デジタルマイクロスコープ(実体顕微鏡)での撮影です。スクリーンの横幅=約17mm(Screen width = approx. 17 mm)

【関連記事】食虫植物ハエトリグサの観察:手軽なデジタル顕微鏡で見る捕虫器官の様子