海に浮かんだ北極の氷山。

かなりの大きさですよね。

もし北極の氷が溶けてしまったら、その分だけ海の水が増える気がしませんか?

 

でも、実際にはそんなことはありません。

海水面は上がらないのです。

 

つまり、「水に浮かんだ氷」が溶けても、水の量は増えないということ。

中学生1

え、本当?

というわけで、実験で確かめてみましょう。

 

▼▼▼実験動画はこちら▼▼▼

用意するもの

  • ガラスの容器
  • マスキングテープ
  • アルミホイル

実験の手順

(1)ガラスの容器に氷を入れます。あらかじめ、水面の高さにマスキングテープで印をつけておきます。

 

(2)容器に水を注ぎます。氷が浮き上がってくるので、全ての氷がぷかぷか浮かんでいることを確認してください。印のところに水面を合わせます。

 

(3)あとは待つだけですが、待っている間に蒸発しないように、アルミホイルでフタをします。

 

(4)結果はこの通り。水面の高さは変わっていません。

水が増えない理由

容器の水が増えないのは、氷が溶けて水になるときに、体積が少し縮むからです。

図で説明しますね。

 

まず、こんな風に水に浮かんでいる氷を考えてください。水面からちょっと顔を出して浮かんでいます。

水に浮かんだ氷

 

この氷が溶けると、体積が少しだけ小さくなります。

 

そして、ちょうど水面下になっていた氷のスペースに、すっぽり収まってしまうのです。

 

これが、水に浮かんでいる氷が溶けても水面の高さが変わらない理由です。

もっと詳しい解説はこちらの記事をご参照ください。

追加の実験

中学生1

……いやいや、そんな小さな氷でやってもわからないよ。

水面からちょっとしか出てないじゃん。

というわけで、もっと大きな氷でもやってみます。

 

(1)ペットボトルで作った特大の氷を容器に入れます。

 

(2)印のところまで水を入れます。ちゃんと浮いていることを確かめましょう。

 

(3)アルミホイルでフタをして、ひたすら待ちます。

 

(4)結果はこの通り。やっぱり水面の高さは変わっていませんね。実験完了です!

もっと知りたい人のためのオススメ本

後藤道夫『子どもにウケる科学手品 ベスト版 どこでも簡単にできる77の感動体験』(ブルーバックス,2019)


Amazon / 楽天ブックス