蛍石(フローライト)が紫外線ライトで光る様子
©︎Katsuaki Watanabe (CC BY 4.0)
→ 写真ギャラリーはページ下部

 

紫外線ライトを使った、光る石の実験です。

フローライト(蛍石)は蛍光鉱物としてよく知られている鉱物で、暗い場所で紫外線ライトを当てると、青白く光ります。

 

実験をうまく行うには、波長365ナノメートルの紫外線ライトを選ぶこと。

インターネットで検索すると波長395ナノメートルの紫外線ライトが多く見つかりますが、波長が長いとうまく発光しません。

 

また、紫外線ライトをフローライトに直接当てると、反射が強くて発光がよく見えません。

ライトを少し遠ざけて、周辺部分の柔らかい紫外線を当てるとうまくいきます。

準備するもの

  • フローライトの標本(蛍石とも言います)
  • 紫外線ライト(波長365ナノメートルのもの)https://amzn.to/3qBYJR3

※商品リンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

実験方法

部屋を暗くして、フローライト(蛍石)の標本に紫外線ライトを当てるだけです。

標本と紫外線ライトさえ準備できれば、簡単に実験できます。

(1)フローライトの標本に紫外線ライトを当てるだけ。

 

(2)部屋を暗くして、このような青白い光が見えたらOK。

 

(3)フローライト以外の、他の石でも試してみましょう。

実験結果

実験結果はこちらの動画からご覧いただけます。

青白い光がはっきりと観察できました。

写真ギャラリー

フローライト(蛍石)に紫外線ライトを当てたときの様子
©︎Katsuaki Watanabe (CC BY 4.0)

 

フローライト(蛍石)の標本
©︎Katsuaki Watanabe (CC BY 4.0)